メガカリオン 上場

今注目されている企業のメガカリオンが上場するようですね。
上場するといえばIPOですが、

 

これだけの企業のIPOですから、かなり期待値が高いのがわかると思います。

 

今年のIPOですが、現在95%が値上がりしている状況です。

2014年のIPOの結果

これだけ景気のいいIPOですし、
資産運用のまさに鏡と言えますよね(笑)。

 

これを指くわえて見てるというのもかなりもったいない話だと思います。
この不況で、いつまでも安定した生活というのが約束されていない現在、

 

全て、自分の責任は自分で取るという世の中になってきていますが、
今後は、自分で老後の生活は守っていかなくてはなりません。

 

そのためには、やはり一番効率がいいのが、IPOではないでしょうか?
ただし、IPOは知ってのとおり、買いたくても買えないんです。

 

抽選で、宝くじ感覚で申込をするという人が多く、
非常に狭き門を通過しなくてはなりません。

 

しかし、これは、大きな間違いでIPOは当選確率は意図的にあげるコトが可能なのです。
どういうことかというと、理由はシンプルで、

 

ほとんど人が、IPOの抽選に対して、当たらないものと思っているのです。
今回はIPOでも実績の高い、古林先生に意見を聞くことができましたので、
紹介したいと思います。

 

IPOで資産を順序よく増やして行けますか?

これは、私からすればちょっと厳しいコトを言ってしまいますが、完全に愚問です。
どういうことかというと、IPOは当て方を知らないという人があまりにも多いからです。

 

実は、今、IPOをメインで資産を増やしているという人は意外と多いのです。
これがどういうことかというと、当選確率を普通の人でも、何倍にも増やすことで、

 

大口の投資家並みのIPO購入率をたたき出している人もいるということです。
しかし、これは特別難しいことではありません。

 

私は、IPOの専門ではありませんが、私ですらこのような結果になっています。
2014年のIPOの結果
これでも、特にすごいということではありません。

 

やっている事は、平等に抽選してくれる業者にだけ抽選依頼をして、
主幹事を務める業者を選び、ポイントサービスを効率よく利用しただけです。

 

それが以下の業者です。

マネックス証券 SBI証券 SMBC日興証券

マネックス証券

 

公式サイトはコチラ

SBI証券

 

公式サイトはコチラ

SMBC日興証券

 

公式サイトはコチラ

私的に、誰も教えてくれる人などいませんでしたので、色々な業者に抽選依頼をかけてましたが、
どうも極端にこの3業者のパフォーマンスがいいので、
原因を調べたのですが、以下の3つのポイントがありました。
メガカリオン株が上場!メガカリオンのIPOをゲットする方法!

 

ただし、みんながしってみんながこの方法を取れば、当然ライバルが増えるわけですから、
なかなか難しくなるのですが、今はかなりチャンスだと思います。
是非参考になれば幸いです。

 

古林先生のまとめ!3社にだけは絶対口座開設しておけ!

マネックス証券 SBI証券 SMBC日興証券

マネックス証券

 

公式サイトはコチラ

SBI証券

 

公式サイトはコチラ

SMBC日興証券

 

公式サイトはコチラ

 

メガカリオンってどんな会社?

株式会社メガカリオンは医療関係の研究を専門におこなっている会社です。この会社が主に研究の対象にしているのは輸血用血液製剤に関することです。近年、日本では少子高齢化が進行していることにより献血をする人の数などが減少していることから、手術をするときに必要となる血液が不足するような事態が今後生じる可能性が懸念されています。そうしたことを背景としてメガカリオンでは血液を安定して供給することができるようにするために、特殊な細胞を使用することにより血液に含まれる組織を作り出す技術を利用した製品の普及を進めています。メガカリオンで扱われているそうした技術は、iPS細胞を基にして研究されたものです。このiPS細胞を利用すれば、人体を構成するさまざまなものを人為的に作り出すことができる可能性があるといわれています。この会社では東京大学医科学研究所や京都大学iPS細胞研究所で開発されたこのiPS細胞を利用して血液の中の主要な成分である赤血球や血小板を産出することができる技術を利用して、iPS細胞に由来をする輸血用の血液製剤の研究を進めています。メガカリオンではこのような技術が普及することによって日本国内で安定して輸血のための血液製剤の供給を確保することを目的とすると共に、さらに日本国内のみならず献血をすることができるシステムが十分に整えられていない発展途上国などにおいても、安価で利用しやすい輸血用血液製剤を普及することができることに尽力しています。